2020年05月21日 16時22分
Jubilee Ace

Jubilee AceのCEO、Tony Jackson氏がMyAQUAコモディティの利用開始を発表

東京, 2020年05月21日 - (JCN Newswire) - 自動裁定取引に特化したテクノロジー企業、Jubilee Aceは、同社の最先端のテクノロジーシステムに新たに加わった機能を発表いたします。その独自のデータ統合システムであるAce Quantum Universal Arbitrage (AQUA)は取引所からライブでデータを抽出し、それをJubilee Aceのアルゴリズムに流して自動的に取引を実行します。これまでこのシステムではデジタル資産の取引のみにフォーカスを当ててきましたが、このファミリーに今回新たにコモディティの裁定取引が加わります。

先ごろ行われたZoomによる会議において、Jubilee Aceの最高経営責任者であるTony Jackson氏は最新のテクノロジーであるMyAQUAの利用開始を発表しました。同氏はこのシステムについて「業界に衝撃を走らせる、市場破壊におけるJubilee Aceの次のマイルストーン」であると述べています。MyAQUAはコモディティの裁定取引を通じてクライアントに新たな機会を開くでしょう。

同氏は「コモディティの裁定取引はこれまで大手銀行や金融機関が何十年も牛耳ってきました」と説明しました。このたび導入されるMyAQUAコモディティは史上最大規模のものとなると見られ、業界の未来の姿の可能性に金融界でも大きな注目を集めています。機関投資家よりも一般消費者の方が優位に立つ姿です。

この導入部とは別に、Jackson氏はこの機会を利用してクライアントに対し同社の経済刺激対策であるOasis 80の成功について謝意を述べました。同氏はさらに、「当初発表した8000万ドルはわずか4日で終了し、これは当社の最大予測をも超えるものでした。多くの方が登録に間に合わなかったことが分かり、経営陣が招集され直ちに4000万ドルを追加しました」と語りました。

Jubilee Aceが現在の経済状況を乗り切るための支援策として当初導入したクライアント向けの刺激対策であるOasis 80は総額8000万ドルでした。後に、この刺激対策を4000万ドル増額して、合計で1億2000万ドルに跳ね上がりました。このイニシアチブは2020年5月31日まで続けられます。

Jubilee AceのAQUAシステムは100%自動化された取引システムで、毎日24時間、年中無休で運営されます。Python A.I.ボットを搭載し、様々なデジタル資産取引所から価格データを収集し、三角裁定取引の機会を分析します。このシステムではほとんどリスク無しで仮想通貨取引が行えることが証明されており、このたびそれがコモディティにも拡張されます。

Jubilee Aceについて

2018年に払込資本5000万ドルでイギリス領バージン諸島にて設立されたJubilee Aceは先進的データ分析会社の1つで、世界規模でのマルチセクター裁定機会を得意としています。取引所における従来型の商品の取引による裁定取引からスタートし、その後スポーツや仮想通貨の裁定取引を行うベンチャーを設立しました。データの抽出および加工を行い、それらを収益化戦略や実用的な市場判断に変えていきます。Jubilee Aceではリアルタイムのテクノロジーを複数活用し、初めて参加されるトレーダーや経験豊富な方にも、様々なセクターにおける低リスクの投資を通じて、ポートフォリオを成長させるための新鮮な視点をお届けします。データおよびテクノロジーの進歩に重点を置くことで、ポートフォリオクライアントは安心して資金をお任せいただけます。

メディア対応お問合せ窓口
Mansion Greenwood
media@jubileeace.com

画像出典: Shutterstock

リリース配信代行:
JCN 株式会社
Tel: 03-5791-1821
Email: info@japancorp.net