AEROPRES

2017年08月24日 10時14分

【大阪】ブルーノ・グルーニング ドキュメンタリー映画上映会

ブル-ノ・グル-ニングの教えの目的は、誰もが肉体的、精神的な負荷から解放され、 生きる喜びに溢れた人間に生まれ変わる事です。 戦争で叩きのめされ、医師から見放され、それでもまだ望みを持っていた多くの人々を、ブルーノ・グルーニングは助けました。 この映画の製作には9年の歳月を要し、80名に及ぶ証人にインタビューが行われました。膨大なドキュメント部分が撮影された長編映画です。
申込ページ
【大阪】ブルーノ・グルーニング ドキュメンタリー映画上映会 8月
【上映開始 10:30】2017年8月26日(土) 10:00〜16:45
http://www.kokuchpro.com/event/5980221b3661984ff186ed83460379ed/




ブルーノ・グルーニングの足跡

1949年、ブルーノ・グルーニングの名前がマスコミの注目を集めました。
新聞社は号外を出し、ラジオやテレビの週刊ニュースでも彼のことが
報じられるようになりました。

そしてドキュメンタリー映画が作成されたのです。
彼がいるところには何千人という人々が至る所から押し寄せ、
グルーニングにより起こったことが世界的 な注目を集めるに至りました。

不治の病は存在しません。彼のもとに集まってきた人々のほとんどは
彼のファンでもなければ信奉者でもありませんでした。
彼らは病を患う人々でした。

戦争で打ちのめされた人々、医者に見放された人々、
彼らにとって唯一の願いは健康になり、苦悩と痛みから解放されることでした。

ブルーノ・グルーニングが救ってくれると聞き、彼のもとに集まり、
そして彼は実際に彼らを救ったのです。

「不治の病は存在しません。 神様が最高の医師である」と彼は語っています。
そして信じられないようなことが起こりました。
数えきれないほどの病人が元気になり、麻痺した人が歩けるようになり、
盲目の人が見えるようになったのです。

奇跡のヒーラーの足跡を追って、
ドキュメンタリー映画「現象 ブルーノ・グルーニング、奇跡のヒーラー、その軌跡」
は当時の感動的な出来事を映画化したものです。

当時の映像、録音、記録文書、50名以上の証人インタビュー、
それと、当時の事実に基づいて作られた映画で構成された、
この上なく深い感動を呼ぶ作品です。

特別なエネルギーを発する映画この映画を見た人たちの多くは
観賞中に突然エネルギーを感じたり、肌を何かムズムズするような感覚を覚えたり、
体を何かが流れるような感じを経験したと報告しています。
それは人々にとって、 全く初めての経験でした。
痛み、障害、その他の疾患が消えたと報告した人もいます。

今でも続く治癒グルーニングは1959年に他界しました。
しかし、今でも信じられないような治癒が起こり続けています。
どうしてそのようなことが可能なのでしょう。

ブルーノ・グルーニングの生存中に彼を通して働いていたエネルギーが、
今もなお働き続けているのです。事実がそのことを物語っています。
癌、狭心症、リウマチ、骨粗鬆症、さらには麻薬中毒その他の依存症が
治ったという事実です。それら治癒の成果は医師により認められています。

この映画をご覧になり、奇跡の人ブルーノグルーニングをご自分の目でお確かめください。


ドキュメンタリー映画は三部構成となっています。(各部約95分)
入場料に代わり自由意思のご寄付を受け付けております。



申込ページ
【大阪】ブルーノ・グルーニング ドキュメンタリー映画上映会 8月
【上映開始 10:30】2017年8月26日(土) 10:00〜16:45
http://www.kokuchpro.com/event/5980221b3661984ff186ed83460379ed/





更に詳しい情報は下記サイトでご覧いただけます。
www.bruno-groening.org

担当 荒内 直美 090-6612-6020
bruno.groening.japan@gmail.com


ドイツ非営利社団法人 Kreis fuer natuerliche Lebenshilfe e.V. 「自然による人生救済の会」(ブルーノ・グルーニング交友会)の最新プレスリリース

2015年03月25日 18時14分
ブルーノ・グルーニングの教えにおける治癒と救済に関する講演会

2015年02月18日 10時03分
ブルーノ・グルーニング映画会とインフォメーション講演会のお知らせ

もっと見る»
キーワード
ドキュメンタリー Bruno Gröning ブルーノ・グルーニング 寄付 映画 健康 救済 自由意志 思考
     
注目!プレス

2017年11月10日 13時28分
日本食鳥協会より感謝状の贈呈を受けました