AEROPRES

2017年12月12日 10時14分

日本ロッシーニ協会演奏会2018~ロッシーニ没後150年最初の演奏会は、4人の卓越したロッシーニ歌手の競演~

19世紀のオペラ作曲家ジョアキーノ・ロッシーニとその作品を研究・普及を行う日本ロッシーニ協会は、2018年のロッシーニ没後150年を記念した演奏会を開催。指揮者で研究者として長年ロッシーニ・ルネサンスを牽引したアルベルト・ゼッダ(2016年没)に見いだされた実力派歌手たちが出演、記念年にふさわしくロッシーニの名作オペラから数々のアリアを演奏。
 19世紀のオペラ作曲家ジョアキーノ・ロッシーニとその作品を研究・普及を行う日本ロッシーニ協会(東京都世田谷区)は、2018年のロッシーニ没後150年を記念して日本を代表する4人の歌手を迎えた演奏会を2018年1月6日(土)午後2時より浜離宮朝日ホールにて開催します。
 ロッシーニの作品は近年世界中で見直され、多くの作品がオペラハウスで上演されています。その最大の功労者は指揮者で研究者としてロッシーニ・ルネサンスを牽引したアルベルト・ゼッダ(2016年没)。本公演では、ゼッダに見出され国内外で高い注目を集めるメッゾ・ソプラノの脇園彩、テノールの小堀勇介をはじめ、日本のロッシーニ演奏をリードしてきたソプラノの天羽明惠やテノールの中井亮一らが出演、ゼッダへのオマージュを捧げるとともにロッシーニの記念年にふさわしく名作オペラから数々のアリアを演奏します。
 
【概要】
巨匠アルベルト・ゼッダに捧ぐ!
日本ロッシーニ協会演奏会2018
日 時  2018年1月6日(土) 午後2時開演
会 場  浜離宮朝日ホール(中央区築地)
出 演  天羽明惠(ソプラノ)脇園彩(メッゾ・ソプラノ)中井亮一(テノール)
     小堀勇介(テノール)金井紀子(ピアノ)
     助演/高橋千夏(ソプラノ)杉山沙織(メッゾ・ソプラノ)
工藤翔陽(テノール)高橋大(テノール)市川宥一郎(バリトン)
田中大輝(バス) 
演奏曲  《幸せな間違い》(1812年)よりカヴァティーナ
     《セビーリャの理髪師》(1818年)より
     《オテッロ》(1816年)より二重唱
     《ラ・チェネレントラ》(1817年)より二重唱、六重唱、ロンド・フィナーレ
     《セミラーミデ》(1823年)よりアリア
     《ランスへの旅》(1825年)より二重唱 ほか
料 金  全席指定 4,500円 3,000円(学生)
プレイガイド ミリオンチケット http://millionconcert.co.jp/ 03-3501-5638
       朝日ホール・チケットセンター 03-3267-9990
       イープラス http://eplus.jp
主 催 日本ロッシーニ協会
後 援 イタリア文化会館/公益財団法人 日伊協会
問合せ ミリオンコンサート協会 03-3501-5638 http://www.millionconcert.co.jp