AEROPRES

2018年09月04日 11時19分

末永 匡 ピアノリサイタル〜音楽に私を見る、それは自己が存在し生きているということ〜

国内外で活躍するピアニスト末永匡が、ベートーヴェンの3大ソナタを収録したCDの発売記念リサイタルを開催。末永はリサイタルだけでなく舞台、絵画、書道などあらゆる芸術とのコラボレーションや執筆など幅広く活動。『多様性、自己との対峙、人間存在を問うこと』を音楽哲学とし、今回演奏する「悲愴」「月光」「熱情」では作曲家が成し遂げた偉業の中に「芸術とは?音とは?人間とは?」と問い芸術の核心に向き合う。 
 国内外で多彩な活動を行うピアニスト末永匡が、ベートーヴェンの3大ソナタを収録したCD「tragico」の発売を記念して、来たる9月14日(金)午後7時より浜離宮朝日ホールにてリサイタルを開催します。
 末永は桐朋学園で学び、その後ドイツへ留学。2006年にドイツ演奏家国家資格を授与され、以降ドイツ、日本はもとよりアジア、中東、ヨーロッパの各地で演奏活動を展開。2015年には稲垣吾郎主演によるベートーヴェンの舞台「No.9─不滅の旋律─」(演出・白井晃、脚本・中島かずき、音楽監督・三宅純)にて、全公演のピアノ演奏を担当。またダンスや朗読、絵画、書道とのコラボレーションや舞台、即興、トーク、執筆などその幅広い活動、圧倒的な音楽性に各界から多くの賛辞が贈られている唯一無二のアーティストです。
 演奏活動と並行して教育活動にも従事、未来の社会を担う子供たちへのアウトリーチや公開レッスン、ゼミ、レクチャーなどを全国で精力的に展開しています。
 
 『多様性、自己との対峙、人間存在を問うこと』が末永の音楽哲学の本質であり、今回演奏するベートーヴェンの3大ソナタでも、作曲家が成し遂げた偉業の中に「芸術とは?音とは?人間とは?」と問いながら芸術の核心に向き合います。 
 
概要
末永匡ピアノ・リサイタル
日 時:2018年9月14日(金) 午後7時開演
会 場:浜離宮朝日ホール(中央区築地)
出 演:末永匡(ピアノ) 
演奏曲:ベートーヴェン作曲
    ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」
    ピアノ・ソナタ第14番「月光」
    ピアノ・ソナタ第23番「熱情」
料 金:4,000円 
    ペア7,000円 
    学生2,000円
    ※全席自由
プレイガイド:
ミリオンチケット http://millionconcert.co.jp/
朝日ホール・チケットセンター 03-3267-9990
イープラス http://eplus.jp
後 援:公益社団法人日本演奏連盟/昭和音楽大学
問合せ:ミリオンコンサート協会 03-3501-5638
株式会社ミリオンコンサート協会の最新プレスリリース

2018年10月10日 17時06分
大島久美子 ソプラノリサイタル~日本の心と平和の祈りを歌う

2018年09月27日 13時37分
韓国 光州市立交響楽団 日本公演2018

2018年04月06日 10時00分
土屋美寧子ピアノリサイタル「ソナタの諸相」

もっと見る»
キーワード
ピアノ 月光 悲愴 熱情 ベートーヴェン