AEROPRES

2019年11月03日 09時56分

超音波技術(多変量自己回帰モデルによるフィードバック解析)No.6

超音波システム研究所は、  多変量自己回帰モデルによるフィードバック解析技術を応用した、  「超音波の伝搬状態を測定・解析・評価する技術」を開発しました。
報道関係各位
                          2019年11月03日
                       超音波システム研究所

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

超音波技術(多変量自己回帰モデルによるフィードバック解析)No.6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
超音波システム研究所は、
 多変量自己回帰モデルによるフィードバック解析技術を応用した、
 「超音波の伝搬状態を測定・解析・評価する技術」を開発しました。

超音波テスターを利用したこれまでの
 計測・解析・結果(注)を時系列に整理することで
 目的に適した超音波の状態を示す
 新しい評価基準(パラメータ)になることを確認しました。

注:
 非線形特性
 応答特性
 ゆらぎの特性
 相互作用による影響

統計数理の考え方を参考に
 対象物の音響特性・表面弾性波を考慮した
 オリジナル測定・解析手法を開発することで
 振動現象に関する、詳細な各種効果の関係性について
 新しい理解を深めています。

その結果、
 超音波の伝搬状態と対象物の表面について
 新しい非線形パラメータが大変有効である事例を確認しています。

特に、洗浄・加工・表面処理効果に関する評価事例・・
 良好な確認に基づいた、制御・改善・・・が実現しています。

<統計的な考え方について>
 統計数理には、抽象的な性格と具体的な性格の二面があり、
 具体的なものとの接触を通じて
 抽象的な考えあるいは方法が発展させられていく、
 これが統計数理の特質である


<参考>
以下のプログラムを参考にして開発・作成した
 オリジナルソフト(解析システム)を
 オープンソースの統計解析システム 「 R 」 で
 解析を行っています

生体のゆらぎとリズム コンピュータ解析入門:和田孝雄/著:講談社

赤池モデルを臨床にいかす画期的な解説書。
1/fゆらぎ解析に必須かつ難解な赤池モデルと、臨床への応用を懇切丁寧に解説。
生体のダイナミクスに関心をもち臨床デ-タ解析に携わる医学者・工学者待望の書

内容(「MARC」データベースより)
〈CD-ROM付き〉生体のゆらぎとリズムの時系列解析への入門。
 第一線の研究者である著者が、経験した者だけが知る様々な困難点について、
 他に類例のないユニークな視点から細部の議論を展開する。

生体のゆらぎとリズム 和田孝雄著
添付されたプログラムの使用方法
*.exe 解析実行ファイル
*.for 解析プログラムファイル(フォートランのソースファイル)
*.dat 解析データファイル

インパルス応答(時間領域での伝達特性
        ラプラス変換するとS領域での伝達特性)
周波数伝達関数(周波数領域での伝達特性)
 AIRCV2.EXE ARV2.DAT 2変数のインパルス応答
AIRCV3.EXE ARV3.DAT 3変数のインパルス応答

多変量自己解析モデルによるフィードバック解析
 ARPCV2.EXE ARV2.DAT 2変数のパワー寄与率
ARPCV3.EXE ARV3.DAT 3変数のパワー寄与率


<<超音波の音圧測定・解析>>

1)多変量自己回帰モデルによる
 フィードバック解析により
 超音波伝搬状態の安定性・変化について解析評価します

2)インパルス応答特性・自己相関の解析により
 対象物の表面状態・・に関する解析評価を行います

3)パワー寄与率の解析により
 超音波(周波数・出力)、形状、材質、測定条件・・
 データの最適化に関する解析評価を行います

4)その他(表面弾性波の伝搬)の
 非線形(バイスペクトル)解析により
 対象物の振動モードに関する
 ダイナミック特性の解析評価を行います

この解析方法は、
 複雑な超音波振動のダイナミック特性を
 時系列データの解析手法により、
 超音波の測定データに適応させることで実現しています。



参考動画

超音波の音圧データ解析(R言語)

https://youtu.be/o3dCZLhhR8I

https://youtu.be/ABVE1LmZRx0

https://youtu.be/HT5Wci29zl4

https://youtu.be/-AwumUFSvpE

https://youtu.be/JaSmaWQDqlc

https://youtu.be/oBMF3UlxSgo

https://youtu.be/cBAq9kPoKWM

https://youtu.be/arzfTXKLQfk

https://youtu.be/_rD6N2qb42U

https://youtu.be/sLmiJN6bfao

https://youtu.be/loYEM_LCAfM

https://youtu.be/n5-csVbr_-M

https://youtu.be/6YFFO_RnQxc

https://youtu.be/1JJ9LyRLdX8

https://youtu.be/BPHqugShEBQ

https://youtu.be/pH72dldRVdU

https://youtu.be/8z9t4tb_G4k

https://youtu.be/l9Pd4rGlDgk

https://youtu.be/QjAEzWk7tP4

https://youtu.be/8grwGw8kmhw

https://youtu.be/xG0zfVnxyI4

https://youtu.be/RuXHxvTl1qk

https://youtu.be/gokDMrXouds

https://youtu.be/05KzyECICDQ

https://youtu.be/oBMF3UlxSgo

https://youtu.be/5OdClMjBKPA

https://youtu.be/rv3MeXU0rjw

https://youtu.be/ZlSx19lB3Ts

https://youtu.be/MxMl9IlTrYQ

https://youtu.be/MMADjNW7nu4

https://youtu.be/0LWegoKTgmo

https://youtu.be/8gfNCSt5uVg

https://youtu.be/xX25K7PC-NY

https://youtu.be/CyJvuD4_lnU

https://youtu.be/H1wzS8832tA

https://youtu.be/SJZLof6Z1Cs

https://youtu.be/TifkvjusG8g


音圧データのフィードバック解析(R言語)

https://youtu.be/FHgNIIiOUNs

https://youtu.be/vN7-wwgwHzE

https://youtu.be/Lb-0PE-e_0M

https://youtu.be/nwulneRItN8

https://youtu.be/tAJtT6o-5zk

https://youtu.be/cc87xUrdM-4

https://youtu.be/isuBjFzEoJE

https://youtu.be/E6t50xB7nzI

https://youtu.be/tud5xFpWY8Y

https://youtu.be/8qkNBJQTvow

https://youtu.be/jSe9PuTWIGs

https://youtu.be/HMBtkLEi0HQ

https://youtu.be/bdeJKh6UwTs

https://youtu.be/K1fuDQDSttU

https://youtu.be/rLhNSgA0BnM

https://youtu.be/Wc_1UFqm-aw

https://youtu.be/nQbzLDA3oo8

https://youtu.be/Yb6crf_SUNk

https://youtu.be/Bw5OydyqQ3c

https://youtu.be/5AASSZk4DqU

https://youtu.be/ouS2MLEaq4s

https://youtu.be/CBv85YVBHCQ

https://youtu.be/B9sfepp2oqU


音圧データの解析・評価(R言語)

https://youtu.be/0SzeBbmzBLE

https://youtu.be/HkRTdcHFy6U

https://youtu.be/6nhugaJA1iM

https://youtu.be/M9sbPq5b788

https://youtu.be/FmXz7-cB80w

https://youtu.be/NTGJMdCePWY

https://youtu.be/-bp6ilB3Ut0

https://youtu.be/gUBXysqY6IY

https://youtu.be/NcmxKMu4x9U

https://youtu.be/KoPlTMzEtgc

https://youtu.be/MnqOy-LiYlU



<<< 超音波の論理モデル >>>

代数モデル
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1311

数学的理論
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1350

音色と超音波
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1082

物の動きを読む
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

超音波の洗浄・攪拌・加工に関する「論理モデル」
 http://ultrasonic-labo.com/?p=3963

樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7530

超音波資料
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1905



<<< 音圧測定・解析 >>>

オリジナル超音波プローブ
 http://ultrasonic-labo.com/?p=8163

超音波測定解析の推奨システムを製造販売
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波<計測・解析>事例
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1705

超音波プローブの<発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1590

超音波プローブによる
<メガヘルツの超音波発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1811

超音波<発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=5267

オリジナル超音波システムの開発技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1546

表面弾性波の利用技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

精密測定プローブ
 http://ultrasonic-labo.com/?p=11267

音圧計見積もり資料20190930
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/1d3ed28f158a77e2811b41c99bc8c7f6.pdf



【本件に関するお問合せ先】
超音波システム研究所
住所:〒192-0046 
   東京都八王子市明神町2丁目25-3
   SOHOプラザ京王八王子 303
担当  斉木 
電話 090-3815-3811
メールアドレス  info@ultrasonic-labo.com
(できるだけ,メールアドレスに,お問い合わせ下さい。)
ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/