AEROPRES

2014年10月30日 12時20分

地域振興ネットワーク並びに稲田の関係者の皆様に「直近情報(NO.24)」をお送りします (後編2/2)

稲田俊明が代表を務める観光物産総合研究所並びに地域振興ネットワークの直近情報を2回に分けてお知らせします。第1回目は「観光物産総合研究所」からのお知らせ、第2回目は「地域振興ネットワーク」からのお知らせです。
2014年10月28日 05時33分

地域振興ネットワーク並びに稲田の関係者の皆様に「直近情報(NO.24)」をお送りします(前編1/2))

稲田俊明が代表を務める観光物産総合研究所並びに地域振興ネットワークの直近情報を2回に分けてお知らせします。第1回目は「観光物産総合研究所」からのお知らせ、第2回目は「地域振興ネットワーク」からのお知らせです。
2014年10月24日 10時52分

土産業界唯一の全国商談会「全国観光物産見本市2015」出展者募集、いよいよ本格開始!!

土産業界唯一の全国商談会「全国観光物産見本市2015」まで3カ月を切りました。土産業者は新年の挨拶や情報交換、販路拡大のために、異業種の方は土産業界への新規参入のために、当見本市への出展をお勧めします。
2014年10月12日 07時55分

地域振興ネットワーク「10月例会」は盛会裡に終了しました ~初参加の人も多く、ドイツ人会員の姿も~

会員同士の交流会の定期会合である地域振興ネットワーク(稲田俊明代表)の定例会、第20回「10月例会」が10月9日、小石川後楽園(東京都文京区)内で行われた。初参加者の人も多く、稲田代表の友人・ドイツ人グンナー・キースさんが参加するなど、20余名の出席者で盛会裡に終了しました。
2014年10月02日 05時27分

土産業界唯一の全国商談会「全国観光物産見本市2015」出展者募集、いよいよ本格開始!!

土産業者は新年の挨拶や情報交換、販路拡大のために、異業種の方は土産業界への新規参入のために、当見本市への出展をお勧めします。
2014年09月29日 19時30分

日本一人通りの多い新宿駅西口広場のイベントに出店しませんか?

「東日本大震災 東北支援大感謝祭 観光と物産展」出店のご案内
2014年09月28日 05時38分

地域振興(まちづくり)ネットワーク「10月例会」の最終案内 ~スピーカー決定のお知らせ~

会員の皆様同士の意見交換会・交流会の定期会合であります地域振興ネットワークの定例会は、今回の「10月例会」で第20回目の記念すべき開催となります。当日は、当会の発起人の一人でもある日下部 功先生(つくば大学名誉教授)がご高齢に鞭打って、久しぶりに出席しますので、傍観者(?)的立場から見てきたエピソードなどを稲田代表との対談形式で話していただく予定にしております。
2014年09月20日 05時57分

観光物産総合研究所は8月9日、土産業界を代表して「食品表示基準(案)」に対するパブリックコメントを消費者庁へ提出しました!

観光物産総研は、消費者庁が募集する「食品表示基準(案)」に対するパブリックコメントとして「製造所固有記号制度見直し(案)について土産業界からの意見書」を同庁へメールで提出しました。「意見書」の内容は次のとおりです。
2014年09月19日 10時14分

土産業界の商談会「全国観光物産見本市2015」出展料の「早割特典」適用まで残り2週間です!!

土産業界の商談会「全国観光物産見本市2015」出展料の「早割特典」適用まで残り2週間です。土産業者は新年の挨拶や情報交換、販路拡大のために、異業種の方は土産業界への新規参入のために、当見本市への出展をご検討下さい。
2014年09月14日 08時05分

土産業界の全国組織「全国観光物産振興協会」再結成のお知らせ

観光土産業界の全国団体「全国観光物産振興協会」を2014年9月10日に再結成致します。かつての協会とは継続性を含めなんら関連性はありませんが、今後、観光物産総合研究所の稲田俊明を代表として、土産業界をけん引し、かつ代弁する全国組織として活動していくことを目的にしたいと考えています。当該趣旨に賛同し、協賛頂ける業界各位のご支援をお願い致します。
2014年09月09日 06時35分

観光物産総合研究所は8月9日、「食品表示基準(案)」に対するパブリックコメントを消費者庁へメールで提出しました

観光物産総研は、消費者庁が募集する「食品表示基準(案)」に対するパブリックコメントとして「製造所固有記号制度見直し(案)について土産業界からの意見書」を同庁へメールで提出しました。「意見書」の内容は次のとおりです。
2014年09月06日 09時35分

地域振興(まちづくり)ネットワーク「10月例会」のご案内 ~参加者&スピーカー募集します~

会員の皆様同士の意見交換会・交流会の定期会合であります地域振興ネットワークの定例会、第20回「10月例会」を10月9日(木)に行いますので当日のスピーカーを2~3名募集します。ご希望の方は事務局までご連絡下さい。
2014年08月29日 11時51分

東日本大震災東北支援感謝祭「三陸・陸前高田市の観光と物産展」開催と出店のご案内

東日本大震災から3年有余、被災地はいまだ復興半ばです。いま必要なことは、未曾有の大震災を風化させることなく、被災地及び被災者への継続した応援だと考えます。そこで、大震災被害が最も大きかった岩手県三陸地方、陸前高田、大船渡、気仙沼等を中心に、「東北支援感謝祭」イベントを新宿駅西口広場を会場に開催します。
2014年07月27日 06時32分

地域振興(まちづくり)ネットワーク「8月例会」の最終案内 ~スピーカー決定とミニスピーチ希望者募集のお知らせ~

会員の皆様同士の意見交換会・交流会の定期会合であります地域振興ネットワークの定例会、第19回「8月例会」のスピーカーが決定しましたのでお知らせします。
2014年07月15日 17時34分

いま消費者庁が進めている「(食品の)製造所固有記号制度の見直し(案)」に反対です!!

消費者庁は現在、食品表示基準案の策定を進めています。今回の「表示基準案」の中に、「製造所固有記号制度の変更(案)」が含まれており、土産業界には実態を無視した存亡に関わる死活問題です。深刻な土産業界への影響が懸念されます。時間がありませんので至急、皆様の声をお聞かせ下さい。

166 件中 106-120 件を表示     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

プレスリリース投稿されたい方は
いますぐ、会員登録(無償)

会員企業数
3,445
プレスリリース数
22,714
配信先メディア数
437
メールマガジン購読数
353
【2017年09月20日現在】
2013年02月11日
【機能改善】アクセス数の表示について
2013年02月11日
【機能改善】ビジネスワイヤの最新プレスリリースについて
2013年01月18日
【機能改善】関連資料のアップロード数の増強について
AEROPRES(エアロプレス) のメリットは?
リニューアル前に投稿したプレスリリースは、どうなりますか?
プレスリリースを投稿したのですが、公開されません?
1

2

3

4

5

PR
ビジネスワイヤの最新プレスリリース

2017年09月20日 15時14分
クラウドRANの導入でモバイル通信事業者が設備投資を49%、運用経費を年31%削減できることがマベニールの調査で明らかに

2017年09月20日 15時02分
新たなGSMAの報告書により、持続可能な開発目標の達成におけるモバイル産業の前進が明らかに

2017年09月20日 02時42分
全世界の若者に力を与える:賞金1500万ドルのグローバル・ラーニングXプライズの決勝に5組が進む

2017年09月20日 01時08分
NexperiaのAEC-Q101準拠のTrench 9 MOSFET新シリーズ、頑強なパッケージで省スペース、高性能、高耐久性を実現

2017年09月19日 21時42分
堅牢設計を手中に: オリンパスの新LシリーズVantaハンドヘルドXRF分析計

2017年09月19日 20時25分
ESGがデータ視覚化ソリューションを発表

2017年09月19日 20時06分
禁煙を推進する世界的財団が発足

2017年09月19日 17時28分
GSMA、初開催の「モバイル・ワールド・コングレス・アメリカズ(CTIAとの共催)」に2万1000人以上が参加したと発表

2017年09月19日 16時26分
G-STAR 2017:世界的ゲームビジネスが韓国で始動

2017年09月19日 11時59分
ソウル半導体、Acrich技術盗用企業に対して特許訴訟提起

2017年09月18日 21時14分
マディソン・リアルティ・キャピタルがフォーティス・プロパティー・グループによるブルックリン・コブルヒルのリバー・パーク開発に2億9700万ドルの建設融資を実施

2017年09月18日 20時47分
フィッチ・ソリューションズが、「AI」活用ニュース配信、拡張されたマイクロ経済データ、新しいグローバル銀行ランキングにより、カウンターパーティーリスク・ソリューションを強化

2017年09月18日 19時58分
デジタル認証:カスタマージャーニーを改善する新たな機会

2017年09月18日 19時36分
DEWA、1キロワット時当たり7.3米セントで700メガワットを発電する記録的入札を得て、世界最大のCSPプロジェクトを142億ディルハムで発注

2017年09月18日 18時21分
GSMA、EUの協調型高度道路交通システムの開発で技術中立的なアプローチを採用するよう欧州員会に強く要請