AEROPRES

2014年05月09日 12時01分

【台湾化学物質法規の最新動向と実務セミナー】 6/2(月)[東京]

弊社では、台湾当局主催の説明会などに参加、また当局へヒアリングを行い、既存化学物質第二次増補、新規化学物質登録制度、第二次増補対象外の物質の対応、毒性化学物質の登録等に関わる最新情報を入手し、実務性の高い情報にまとめて皆様にご報告します。
2014年05月09日 11時59分

【台湾化学物質法規の最新動向と実務セミナー】 5/30(金)[大阪]

弊社では、台湾当局主催の説明会などに参加、また当局へヒアリングを行い、既存化学物質第二次増補、新規化学物質登録制度、第二次増補対象外の物質の対応、毒性化学物質の登録等に関わる最新情報を入手し、実務性の高い情報にまとめて皆様にご報告します。
2014年04月02日 14時32分

【韓国K-REACHへの対応方案】セミナー 5/14(水)[大阪]

来年から施行される韓国K-REACH「化学物質登録及び評価等に関する法律 (化評法)」の下位法令の施行令(大統領令)案と施行規則(環境部令)案が近々、立法手続きを経て公布される予定です。 韓国より専門家を迎えて、化評法に関する最新情報をご提供します。
2014年04月02日 14時30分

【韓国K-REACHへの対応方案】セミナー 5/13(火)[東京]

来年から施行される韓国K-REACH「化学物質登録及び評価等に関する法律 (化評法)」の下位法令の施行令(大統領令)案と施行規則(環境部令)案が近々、立法手続きを経て公布される予定です。 韓国より専門家を迎えて、化評法に関する最新情報をご提供します。
2014年04月01日 11時36分

【中国危険化学品登記関連業務とSDS対応の実務解説】セミナー 4/24(木)[東京]

本セミナーでは、中国の危険化学品登記管理弁法、危険化学品該非判定、登記対象製品範囲と要件、SDS、ラベル、中国輸入業者の危険化学品登記支援など、弊社が有するツールと知的基盤を踏まえた具体的かつ効果的な支援方法をご提示いたします。
2014年04月01日 11時34分

【中国危険化学品登記関連業務とSDS対応の実務解説】セミナー 4/21(月)[大阪]

本セミナーでは、中国の危険化学品登記管理弁法、危険化学品該非判定、登記対象製品範囲と要件、SDS、ラベル、中国輸入業者の危険化学品登記支援など、弊社が有するツールと知的基盤を踏まえた具体的かつ効果的な支援方法をご提示いたします。
2014年03月03日 12時13分

【韓国化学物質規制への対応についてのご案内】 

韓国化学物質規制への対応について、当社ハニカム・テクノリサーチ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:陳梅官)のサービスをご案内します。
2014年02月06日 15時18分

【2014年実施予定の最新版中国GHS及びGB関連対応実務解説】セミナー 3/10(月)[東京]

2014年実施予定の最新版中国GHS及びGB関連対応実務について解説します。 推奨性国家標準GB/T17519-2013など、今年大きく改正されるGBの内容を分析解読し、現行GBや国連GHSとの違い、日本企業としての対応、通関検査や危険化学品登記への影響などについて、弊社が当局との交流を通して収集した情報を解説いたします。
2014年02月06日 15時15分

【2014年実施予定の最新版中国GHS及びGB関連対応実務解説】セミナー 3/5(水)[大阪]

2014年実施予定の最新版中国GHS及びGB関連対応実務について解説します。 推奨性国家標準GB/T17519-2013など、今年大きく改正されるGBの内容を分析解読し、現行GBや国連GHSとの違い、日本企業としての対応、通関検査や危険化学品登記への影響などについて、弊社が当局との交流を通して収集した情報を解説いたします。
2014年02月06日 13時54分

【2014年実施予定の最新版中国GHS及びGB関連対応サポートについてのご案内】

2014年中に実施が予定されている中国GHS及びGB改正に伴う対応と、これに対応する弊社のサポート体制及びサービスの方針のご案内です。
2014年01月31日 15時20分

【中国新規化学物質登録と管理制度の対応実務と最新動向】セミナー 2/24(月)[東京]

中国新規化学物質登録と管理制度の対応実務と最新動向について解説します。 「新規化学物質環境登記管理弁法」が2003年に施行、2010年に改訂されました。 弊社では当局や専門家、試験室の意見を集約し、さらに申請実績の推移と分析、申請業務に影響する重要な出来事と最新動向など実務への影響に的を絞ってご説明します。
2014年01月31日 15時19分

【中国新規化学物質登録と管理制度の対応実務と最新動向】セミナー 2/19(水)[大阪]

中国新規化学物質登録と管理制度の対応実務と最新動向について解説します。 「新規化学物質環境登記管理弁法」が2003年に施行、2010年に改訂されました。 弊社では当局や専門家、試験室の意見を集約し、さらに申請実績の推移と分析、申請業務に影響する重要な出来事と最新動向など実務への影響に的を絞ってご説明します。
2014年01月14日 14時35分

「ケミスパート」(中国・台湾化学品法規制総合情報システム)、半額登録キャンペーン実施中!(~2014年2月14日)

「ケミスパート」(会員向けの中国・台湾化学品法規制総合情報システム)新名称決定に記念して、会員料金を半額にて登録できるキャンペーンを実施しています
2013年12月25日 15時30分

【台湾化学物質法規の最新動向セミナー】1/20(月) [東京]

2013年、台湾の化学物質管理が大きく進展しました。旧「労工安全衛生法」が全文改正、「毒性化学物質管理法」改正が正式に公布されました。当社は、いち早く法規解釈、増補の計画、新規化学物質登録制度の計画について、最新動向を解説いたします。
2013年12月25日 15時27分

【台湾化学物質法規の最新動向セミナー】1/17(金) [大阪]

2013年、台湾の化学物質管理が大きく進展しました。旧「労工安全衛生法」が全文改正、「毒性化学物質管理法」改正が正式に公布されました。当社は、いち早く法規解釈、増補の計画、新規化学物質登録制度の計画について、最新動向を解説いたします。

133 件中 91-105 件を表示     1 2 3 4 5 6 7 8 9

プレスリリース投稿されたい方は
いますぐ、会員登録(無償)

会員企業数
3,478
プレスリリース数
23,447
配信先メディア数
437
メールマガジン購読数
355
【2018年02月24日現在】
2013年02月11日
【機能改善】アクセス数の表示について
2013年02月11日
【機能改善】ビジネスワイヤの最新プレスリリースについて
2013年01月18日
【機能改善】関連資料のアップロード数の増強について
AEROPRES(エアロプレス) のメリットは?
リニューアル前に投稿したプレスリリースは、どうなりますか?
プレスリリースを投稿したのですが、公開されません?
1

2

3

4

5

PR
ビジネスワイヤの最新プレスリリース

2018年02月24日 03時19分
IDSがデビッド・ハミルトンを最高経営責任者(CEO)に任命

2018年02月24日 01時33分
世界患者安全・科学・技術サミットで医療技術リーダーがオープンデータについて議論

2018年02月24日 00時12分
マベニールが業界初のモバイルネイティブなUCaaSソリューションを発表して、UCC市場の新分野に参入

2018年02月24日 00時10分
シンガポール国防省のエシカル・ハッキング・プログラムが成功裏に終了

2018年02月24日 00時07分
マベニールとADVAのアンサンブル事業部門が提携し、エンタープライズLTEソリューションをマネージドサービスプロバイダーと企業に提供

2018年02月23日 22時53分
GSMA、主要都市のモバイル・ネットワークの「渋滞」を避けるべく今行動を起こす必要性を政策立案者に警告

2018年02月23日 21時36分
GSMA:複数のモバイル通信事業者が世界各地の免許周波数帯域で省電力広域ネットワークの運営を開始

2018年02月23日 20時24分
ロシア輸出センターがバルセロナで開催されるモバイル・ワールド・コングレスで初めてロシアの革新的なソリューションを披露

2018年02月23日 16時15分
東芝メモリ株式会社:「CP+(シーピープラス)2018」への出展について

2018年02月23日 13時26分
ギガフォトン、半導体製造装置の解析用次世代オープン・プラットフォーム「FABSCAPE™」を3月より提供開始

2018年02月23日 09時59分
ビゲロー・スペース・オペレーションズが国際宇宙ステーションへのペイロード運搬でCASISとの提携を発表

2018年02月23日 09時49分
ビゲロー・エアロスペースがビゲロー・スペース・オペレーションズの設立を発表

2018年02月23日 01時14分
初のeスポーツ専用アパレル・ブランドH4X.ggが、ESLおよびドリームハックとの提携により、パフォーマンスギアとストリートウエアを初公開

2018年02月23日 01時00分
ギガフォトン、最新型ArFエキシマレーザーGT65A出荷

2018年02月22日 23時04分
エントラスト・データカードの科学技術新興活動が中国国際科技促進会に評価され、ブルーシールド技術革新賞を授与される